HONDA '90 CITY CZ-i (GA2) 1996年冬〜1999年1月

 免許を取って初めて購入したのがこのシティです。でも要望はコンパクトカーで安いやつということだけでした。このシティは10万kmを越えたものを購入したのですが、その割には安く無かったです。

 購入して数ヶ月後に林道でスピンしてボディを痛めてしまいました。1,2年しか乗るつもりは無かったし10万kmを超えているので、この車に金をかけるつもりは無かったのでそのままにしてあります。とりあえずハンドリングには異常が無かったのが幸いでしょう。
左リアタイヤ前のダメージ ボンネットが空いているのではなく、車体がゆがんでいるため

 トラブルも頻発しました。オルターネータ故障、クラッチケース交換、オイル漏れ、クーラント漏れ等が大きなところでしょうか。1998年末にはナックルアームのボルトがバカになって外れてしまうというトラブルとオイルが燃えて臭くなってきました。だから1999年1月に13万kmで廃車としミラージュを購入しました。

 ミラージュに乗って気がついたのはGA2の良さです。乾燥重量780kgという車体の軽さとギヤ比の低さは、町乗りでの発進時の身軽さ、雪道やダートなどのグリップの低いところでのトラクション、ブレーキの良さ。コンパクトな車体による取りまわしのしやすさです。

 しかし、同時に欠点も見えます。カタログ値で80馬力、実際は60馬力(ぐらい?)程度というアンダーパワーによる、山道の加速の悪さと、100kmからの加速の悪さです。10%の勾配で追い越しの加速時は3速あるいは2速まで落とさなければなりません。それが楽しさでもありますが(^_^)