ウマ掛け(リジットラック乗せ)

 車体したのメンテナンスでホイールを外さない場合は、予備のホイールの上に乗せて車高を上げた状態にしてメンテナンスすることが出来ます。
 足回りやフレーム類などホイールを外してメンテナンスを行う場合は、ジャッキだけでは車体が落ちる可能性があるので、必ずウマ掛け(リジットラック乗せ)をする必要があります。実際山でパンクのためパンタジャッキでジャッキアップしているときに倒れてきたことがあります。幸いホイールナットを外している途中だったので事故にはなりませんでした。

1.工具類

 リジットラックがまず必要です。前後輪両方をあげる場合は4個必要です。俺が購入したのはASTRO PRODUCTSのAPリジットラック ラチェット2tです。
リジットラックには折りたたみタイプやピンタイプ、アルミ製などいろいろありますが、サンデーメカニックでたまに使う程度ならどれでも大丈夫でしょう。
 ガレージジャッキも必要です。車載のパンタジャッキでは持ち上げる量が少ないので厳しいですし、1輪ずつになるので車体の歪みが気になります。また、ホームセンターや大手カー用品ショップなどで売られている4000円くらいの2tジャッキも持っていますが、持ち上げる量が足りなかったので購入しました。
 ASTRO PRODUCTSのAPガレージジャッキ2.5tです。重いしでかいですが、軽く上がりますしゆっくりとおろすのも楽です。

2.ジャッキアップ

 まずジャッキアップを行います。ジャッキアップはジャッキアップ&ホイール交換を参考にしてください。

3.リジットラック

 リジットラックの高さを揃えてジャッキアップポイントの下の置きます。車体を下ろした時に外すと面倒です。
 ジャッキをゆっくりとおろしていきます。リジットラックを外したと思ったらすぐに止めます。
 これを前後2回4個を行います。

4.ウマ掛け

 ウマ掛けした状態です。このときはブレーキパッド、ローター交換作業だったのであんまり上げていません。