ブレーキエアー抜き

 サーキット走行を行うとブレーキペダルがフニャフニャになってかなり奥でブレーキングを行うようになることがあります。ブレーキフルードの中の水分がブレーキの熱によって水蒸気になってしまったり、空気が入り込んだときにこのような現象になります。
 ブレーキエアー抜きとは、入り込んだ空気を抜き水分を含んでしまったブレーキフルードを抜くことです。サーキット走行前後でおこないます。
 また、ブレーキフルードを全交換するときも同じ方法です。

1.工具類

 ブレーキフルードを抜くには単にシリコンチューブを差し込んでもう一人にブレーキを踏んでもらって抜く方法があります。また、逆流防止用のワンウェイバルブを使って一人でやる方法(ワンマンブリーダー)もあります。俺の場合は、コンプレッサーのエアーを利用して強制的に吸い上げる方法にしました。本当はワンマンブリーダーでやるはずだったんですが、注文するときにこれいいなあと思っているうちにこっちを注文してしまったというのが本当のところです。
 写真は吸い上げるSTRAIGHTのエアーブレーキブリーダーです。

 さて、ブレーキフルードをブリーダーから抜いていくとフルードが無くなってしまいます。時々確認して少なくなったら補充するという方法や、フルードの缶を逆さにして突っ込んでおくという方法があります。
 俺の場合は専用のリフィーラーというものを購入しました。写真はSTRAIGHTのリフィーラー1Lです。これも同じく衝動買いです。

2.準備

 ジャッキアップをします。危険なのでウマ掛けをします。
 ホイールを外しブレーキキャリパーが見えるようにします。
 リフィーラーにフルードを必要量入れて写真のようにリザーバータンクに逆さに固定し、バルブをオープンにします。
 エアー抜きなら大体400mlも入れれば十分かと思います。全交換のときはどのくらい必要かわかりません。

3.エアー抜き

 写真の矢印のゴムキャップ部分がブリーダーです。
 ゴムキャップを外し、8mmのレンチとブレーキブリーダーのカプラーを差し込みます。
 レンチを90度くらい緩めてエアーブレーキブリーダーを動かします。
 フルードを吸い上げるのでチューブを確認しますが、この方法だとブリーダーからエアーを吸ってしまうのはある程度仕方の無いことのようです。
 完了したらレンチを閉めますが、あまり強く締めないほうがいいでしょう。
 これを4輪すべて行うわけですが、マスターシリンダーから遠いところから行うのがいいらしいです。左後ろ、右後ろ、左前、右前の順番です。理由は不明です。

4.フルード充填

 すべてのエアー抜きが終わったらリザーバータンクのMAXラインまでフルードを充填します。