2006年6月4日第4回コックピット走行会

 コックピット西部エビスサーキット東コースで走行会が開かれるというので参加した。福島市のコックピット3店舗合同で開催したもののようです。
 東コースは危ない危ないと言われていたのでびびりながらの参加でしたが、何とか無事に帰ってきました。ただ危ないというだけあって、ハーフスピン(ドリフト状態)は5,6回はやってしまいました。クラゴン部屋でコーナーリング制動の鍛錬をしたこともありますが、たまたまスピンもコースアウトもしなかっただけ。一歩間違えば危なかったです。なぜかというと横Gがかかったままのブレーキングが多いからだと思います。
 参加していた車はさまざまでしたが、大排気量のランエボ、スカイライン、インプレッサ、RX-7などが多かったです。ミラージュは他に一台だけで、結構レビンも多かったのが特徴でした。

 以下のとおりのクラス分けがあり、俺はもちろんチャレンジAです。ただ危ない人も何台かありました。後ろをまったく見ていないのか、俺が近づいてもウィンカー無しでコースの真ん中あたり(ラインよりちょっと外れているだけによけい)を走っていて、ホントパッシングしようかと思ったくらい。一台ビートがオーバーヒート、焼きつきでメインストレート上で止まっていましたが、大丈夫だったかな。
  チャレンジA:1600cc未満の初心者
  チャレンジB:2500cc未満ぐらいの初心者
  チャレンジC:それ以上、ランエボ、インプレッサ、GT-R等
  エキスパートA:2000cc未満
  エキスパートB:それ以上
  同乗走行:同乗のみ

 最後は15分程度のフリー走行がありました。最初は調子よかったものの、15分だからとクーリング無しで走っていたら6周目あたりから、リアがズルズルと、Fドリ状態。仕方なく半周程度のクーリングを入れましたが、RE-01Rはこんなものらしいです。

 今回からパッドを800度まで対応のHC+に、ローターをSCR Plusにしましたが、やっぱぜんぜん違います。リンクサーキットほどブレーキにきつくないということもあるのでしょうが、1回目はクーリング無しで25分を走ってみましたが、タッチは最初から最後まであまり変わらない(少しスポンジ)し、ローターもあまり削っていないようです。

 昼休みには弁当も出ますし、バーベキュー食い放題、ジュース飲み放題、最後には商品も出て1万円でなら安いんじゃないでしょうか。

 それにしてもエビスを走っての感想は、楽しいけど足回りがやわ過ぎといったところです。まあ、足回りは今のところ変えるつもりはないです。貧乏だから。

仕様
車種 '96 CJ4A RS Asti
タイヤ BRIDGESTONE RE01R 195/55R15
ブレーキF プロジェクトμ Type HC+
ブレーキR プロジェクトμ Type HC+
スプリング キャロッセダート用 F2.94K R2.45K
ダンパー OHLINS ノーマル形状 DIRT
日時 2006年6月4日フリー走行1回目25分
天候 曇り
コース ドライ
周回数(レコードされた分) 13周
BEST TIME 1分20秒524(クラス4位)
日時 2006年6月4日フリー走行2回目25分
天候 晴れ
コース ドライ
周回数(レコードされた分) 15週
BEST TIME 1分17秒728(クラス4位)
日時 2006年6月4日フリー走行15分
天候 晴れ
コース ドライ
周回数(レコードされた分) 計測無しのため不明だが10周程度
BEST TIME 計測無しのため不明だが、感覚的には1分17秒前半には入っていたと思う
パドックです。右のテントでいろいろ食えます(笑)
左奥が第1ヘアピン、手前が第2ヘアピン。ヘアピンといいながらこの大きなRです。
リンクサーキットのヘアピンとは大違いだった。
左がAE86、右がP510改です。とても現代の光景ではないです(笑)
P510改。渋いです。いい感じでした。俺の一番の注目。