2006年5月6日クラゴン部屋 サーキットのために其の壱inSSパーク

 2回もリンクサーキットを走行したわけですが、車の挙動なんて何もわからずただ走っていたわけです。(俺は俺なりにいくつか考えて修正はしていましたが)
 クラゴン部屋で定常円旋回、8の字走行、コーナーリング制動といった基礎訓練を行うということで参加しました。だからタイムは一切無しです。

定常円を作っているところです 右手で8の字走行、その奥の見えないところでコーナーリング制動です

 いろいろ面白かったのですが、知りたい方はクラゴン部屋に参加してください。年に数回はやるらしいです。
 ここで勉強になったのはFFといえ舗装路のブレーキングで簡単にケツは出るということでした。そしてケツを出すのも簡単だということです。でもドリフトじゃないですスピン状態に持ち込むことは簡単ということです。
 定常円旋回はGranTurismoというゲームで難しさはわかっていましたが、実際もかなり難しいということです。アクセル、ハンドル一定で回ればいいじゃんという方、確かにそうですが、限界領域で定常円走行は難しいですよ。というか出来ません。アクセスかハンドルでコントロールすればいいじゃんという方、限界領域でパイロンから離れずコントロールするのはとっても難しいです。

 ハイグリップ舗装らしくタイヤが思ったより減りましたが、参加してよかったです。