自己紹介

名前 長谷川 博
年齢 33
性別
住まい 福島県福島市内

自転車ツーリングをやりはじめきっかけ

 まだ普通免許も車もなかったので1993年の秋に足としてスーパーのスポーツ屋さんで「町乗りで使うんだけど安いMTBはどれ」と言って買ったのが最初の自転車。何も知らないので買ったのでいわゆるMTBルック車だった。2年ほどは本当に町乗りとしてだけ乗っていたのだが、1995年の秋に市内にある松川の上流はどうなっているのだろうと突然興味を持ってそのMTBで土手を上流に向けて走ったのだが、それがすごく気持ちよくて何ともいえない快感だった。

 その後はサイクリングロードや近くの道を走っているだけだったのだが、1996年の初春に自転車雑誌を買いはじめパソコン通信のNifty−Serveの自転車フォーラムであるFCYCLOに入ったのがきっかけで本格的に自転車にはまりはじめる。

 しかしMTBルック車だったためダートを走行中にヘッドにガタができてしまい、大枚を叩いて買ったのが2台目のMTBである。そして峠・旧道・廃道・林道などを走破する事に目覚めて今があります。

自転車の良さ

 よく自転車に乗らない人に趣味は自転車と言うと必ず返ってくる言葉は「俺は疲れるのはいやだから自転車はやだな」です。でも面白い事にそういう人に限ってスキー・つり・テニス・野球・サッカーなどなど疲れる事をやっているんですよね。なぜなんでしょう?自転車って乗ってみればどんなに気持ちのいいものかわかります。

○自分の力
 自転車に乗って必ず感じる事は、「自分の力で走っている」ということですね。きつい峠への上りも上り切ってしまうと自分の足でここまで上ってきたんだと自分が素晴らしく思います。あるいは平地を自分の力30km/hオーバーで走っている時も俺って速いなと思ってしまいます。快感
○自然にやさしく、自然を100%満喫できる
 自転車で林道や地道を走っていて気がつく事は自転車は自然を感じるには最高の道具だなって事です。
 走っているときに出す音はチェーンのわずかなカリカリという音とタイヤのポンポンという音、そして自分の息遣いだけなので、沢のせせらぎや風にゆれる木々の葉の音や小動物が動く時のガサガサっていう音などがはっきりと聞こえます。車やバイクではエンジンの音やタイヤの音がうるさくて聞こえませんからね。
 坂を登っているときの速度は俺の場合で大体10km/h程度ですが、このスピードが実に気持ちいいのです。周りの自然をゆっくりと見て音を聞きながらも先に進んでいます。景色が流れてしまうこともなく、ゆっくり過ぎて距離が稼げずコースが限られてしまう事もありません。
 自転車というのは簡単に止まる事が出来ます。狭い林道でも止まって自転車をわきにどけておけば他の通行者の邪魔になる事も無いので、好きなところで止まって、写真を撮ったりする事が出来ます。
○すべてがメンテナンスできるメカ
 自転車というのは良くも悪くも昔から変わらない機械ですので、実に簡単なメカです。ですから俺のような経験の浅い人でも自転車のすべてをメンテナンスする事が出来るのです。俺のように機械を分解する事が好きな人にはいいですよ。

先頭に戻る